スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

横浜市 綱島ラジウム温泉 東京園

2010年5月23日の記録。。。
港区 麻布十番温泉 ・・・廃業を知らずに訪問のつづき。。。

というわけで、麻布十番駅から東京メトロ南北線経由東急東横線乗り入れで「綱島」を目指します。
しかし、南北線って・・ますます便利になってるんですね東京の地下鉄、ノンストップで日吉まで、普通に乗り換えて「綱島」到着。

駅ほど近くにその施設はありました。

綱島温泉1

戦前・戦後は、「東京の奥座敷」と呼ばれ大きな温泉街であったそうです! 「ラジウム温泉」というフレーズがなんとも戦前戦後感でいい。

綱島温泉wiki

ほんとに歴史がありますねー。
1914年といえば大正三年。。。
もはや周辺にそのような名残あまりないように感じましたが、雨が降ってなかったらちょっと周辺ぶらぶらしたかった。

東京園HP

HPにあるように「安価」です。はじめに払う料金は900円ですが、、

入浴料の払い戻しがございます。
日中で入浴時間が1時間半以内の場合は料金400円 を払い戻し致します。



というわけで実質500円。

もう入った瞬間に自分好みのプレイスと理解してしまいました。

綱島温泉4

施設に入るとすぐにカラオケが聞こえてきます。。。。日曜日のの真昼間なんですが、酒飲みながら宴会してます。カラオケに合わせて踊る男女・・・。まったく想像を絶するパラダイスが繰り広げられていました。



いやぁ。新鮮ですね。

さてお風呂に。
ああ、久しぶりの黒湯! まっくろくろの掛け流し。

電気風呂には カ・イ・カ・ン!

水風呂があったんで近寄ってみると・・・・

綱島温泉3

こちらもまっくろくろ!!!
源泉風呂のようです。
冷たい~。

東京園源泉(横浜55号泉)
ナトリウム-炭酸水素塩泉(旧泉名 重曹泉)
源泉温度18℃
pH7.9

1927年(昭和2年)に東急電鉄が営業開始した「綱島温泉浴場」。元々は綱島駅の駅名も「綱島温泉駅」だったが、戦時体制に伴い旅館業の廃業命令がでたなどの影響で、昭和19年10月20日に綱島駅に改名された。戦後、浴場は昭和21年に東京園が引き継いで現在に至っている。
綱島ラジウム温泉 東京園

※現在は分煙されていて、喫煙者は庭の方で喫煙、施設内は禁煙のようです。




いやぁなんだかノスタルジックな気分に浸れました。

綱島温泉5


他に温泉銭湯があるそうなので、また機会があったらいってみたい。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/23 22:57 ] 温泉 神奈川県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://onsenspaspa.blog123.fc2.com/tb.php/89-3e341398





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。