スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名古屋から奥飛騨温泉郷~ひらゆの森へ

2005年02月04日の記録。。。
中川区 大名古屋温泉のつづき。。

 名古屋駅からJR東海バスにゆられて飛騨高山をめざす。雪が心配。
 
 11時06分:
 長良川サービスエリアで飛騨牛しゃぶ肉まん買い食い-300円。
 
 12時30分頃:
 高山着。濃飛バスの高山and新穂高フリー乗車券・2日間有効・3800円購入。
13時35分発のバス待ち中に、五平もち130円・ごまだれと120円・みそを食べる。
時間が近づくにつれ乗り場には人が約20人程、危険を感じて並ぶ。結局20人程乗れなかった。並んどいて良かった…。因みに約40人乗車可能のバスです。
新穂高温泉には15時20分着予定。

ほぼ予定通りに平湯ターミナルに到着。

寒いand雪降り。

2005年02月04日1


スキーウェア着てて良かった…。

2005年02月04日2


宿の予約をしてバスを待つ。ターミナルでコロッケ買い食い。
またバスに乗って奥飛騨をぶらっとしようと思い、適当な所で降りてはみたが…。

2005年02月04日3


雪がどんどん激しくなり修行モードに、、、。 

2005年02月04日4

諦めて新平湯温泉停留所前の喫茶店でコーヒーブレイク。そしてそこの足湯に浸かる。

2005年02月04日5

 49度の熱い熱いものでしたが、この寒さではむしろ浴後さっぱりすっきり感。コーヒー代350円のオマケとしては豪華&ほっこり度倍増。

2005年02月04日6

 さて、平湯バスターミナルに戻り宿へ。立ち寄り温泉施設としても有名な〔ひらゆの森〕が今夜の宿。素泊まりで4100円。

2005年02月04日8

「当館はお風呂しか自慢出来ないので…」と案内の人が言っておりましたが、なにをおっしゃる。畳と木材を基調とした建物はとても清々しいですよ。押しつけがましくなくて即気に入りました。

自慢のお風呂も流石! 内風呂も大・小それぞれ違った楽しみ方が出来ます。
 圧巻は6つある露天風呂。それぞれに工夫が凝らしてあり、同じ泉質でもまったく違う味わいになるあたりかなり感動を覚えた。付け加えて周りは雪。という所謂、雪見露天となっております。
 というロケーションを独り占め!ありがたやありがたや。
ひとまず堪能して湯上がりに、同館内食事処〔もみの木〕へと。

2005年02月04日7

手打ちそば800円を。ウーンほんとに居心地が良い。
 ひとやすみしたらまた風呂行ってみよ。

源泉名:ひらゆの森の湯
含硫黄ーナトリウム・カルシウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉
源泉温度65.2度
ph6.81。

 ●内風呂1(宿泊者のみ):透明、湯の華
 ●内風呂2(立ち寄り側):透明、湯の華
 ●露天1:岩風呂、白濁
 ●露天2:檜風呂、透明
 ●露天3:岩風呂(大)、透明、ぬる湯系、打たせ湯あり、湯口付近は強い硫黄臭
 ●露天4:岩風呂(大)、透明、金物臭あり、湯舟に赤褐色の成分付着
 ●露天5:岩風呂(中)、上と同じ感じ。。
 ●露天6:岩風呂(小)、上に同じ感じ。。

2005年02月05日08:32

ひらゆの森、居心地の良さに思わず延泊を希望するも、さすがに今日は土曜日なので満室。
というわけで、チェックアウトして、新穂高温泉へ。 
 ひらゆの森ー素泊まり4400円ー消費税・入湯税込みー。

奥飛騨温泉郷 平湯温泉 大自然の中の露天風呂 宿泊・コテージも ひらゆの森

含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
【硫化水素型】(中性低張性高温泉)

ひらゆの森の湯 温泉分析表
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/05/02 17:16 ] 温泉 岐阜県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://onsenspaspa.blog123.fc2.com/tb.php/68-59048f55





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。