スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西宮市 武田尾温泉 元湯旅館

2008年7月19日のメモ。。。

 さてさてアッツイ夏の日が続いております。三連休は仕事のため飛び石になりましたので、どっか近場で気楽な立ち寄り湯を、でも町中はイヤ!なんてわがままな都会人マルダシ放出状態でありますが。

 そんな期待に応えてくれそうな近場の温泉場がありそうなので、ちょろっと行ってきました。西宮市と宝塚市にまたがる関西の秘境「武田尾」!

 温泉の歴史は古く寛永18年から存在が確認されていたそうで、エラい昔の話です。
水上勉が「桜守」で書いたことは必ず紹介されますね。ちょっと引用してみますと、

 ~武田尾は武庫川に沿うた鉱泉村で(略)いまでこそ「武田尾温泉」などといい、大阪、神戸あたりの日泊まり客でにぎわっているが、当時はまだひなびていた~

 とありますが、当時というのは昭和18年頃ですから、、、、。。。。

昭和生まれの小生としては、阪神間のピクニックでちょっと遠出すると言えばこの辺、の用なイメージ?? でもそんなに行った記憶はありませんなぁ。。。この辺で温泉と言えば有馬ですが、ちょっと遠いので、昭和の時代は宝塚温泉で済ましておこうか、のような、、、。現在は宝塚温泉もかなり変わってますが。この武田尾あたりもずいぶん変わったような変わってないような??? 現在は駅が高いところにあってトンネルの中に半分入ってますから。。

まぁまぁ、そんな記憶も不確かな昔話は中途半端にしても面白くないので、とりあえず。行ってみます。

それにしても暑い!!!!

JR塚口駅から各駅停車で30分ぐらいですか、さくっと到着しますが、山に囲まれて何もない「関西の秘境」でも一山超えるとニュータウンがあったりして面白いですね。
 最近は旧福知山線の廃線跡を訪れる人が多いらしい。

それでもどうしても暑い!!!!



武庫川を挟んで宝塚市側に「紅葉館」、は現在休業再建中。西宮市側に「マルキ旅館」「河鹿館」「元湯旅館」と合計4軒の宿屋さんが「武田尾温泉」

とりあえず「元湯旅館」さんへ。

さらに奥へ行きますと「元湯旅館」
さらに奥へ行きますと「元湯旅館」 posted by (C)onsenspaspa

お風呂に入って

武田尾温泉 元湯
武田尾温泉 元湯 posted by (C)onsenspaspa

元湯旅館源泉
単純温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)
25.3℃
ph 7.5
ほとんど無色透明でわずかに硫化水素臭を有する

と昭和46年の分析表にありました(加水なし・加温あり・循環ろ過式)。

さてさて、山菜ご飯の定食をいただいて

山菜ご飯@元湯旅館
山菜ご飯@元湯旅館 posted by (C)onsenspaspa

とりあえずひと息つきましたので、では本日の目的地に。
行ってみます~。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/07/22 06:01 ] 温泉 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://onsenspaspa.blog123.fc2.com/tb.php/21-ca96f615





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。