スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

湯梨浜町 はわい温泉の由来

2011年10月10日の記録。。。鳥取県 はわい温泉 「七福神の湯」めぐり 福禄寿の湯・恵比寿の湯のつづき。。


福禄寿の湯に「はわい温泉の由来」の碑がありました。



湯の湧く周囲に松杭を打ち込み、テント舟二隻をならべて屋台をつくり、竹筒で湯を舟に汲み上げ、これを浴槽として温泉風呂をつくり「幸助湯」と名づけた。「幸助湯」は陸地から相当離れており、毎日小舟でかよって簡単な「いっぱい呑屋」も開いたといわれる。



「幸助湯」はなかなか趣がありそうですね。慶応2年(1866年)かぁ。

浅津(あそうず)温泉は昭和50年発売の山陰のガイドブックに、

浅津温泉は連絡船で湖上を横断して対岸に渡ったところにある。(略)浅津温泉は湖中に温泉が湧いて、湖上に浴槽を設けている旅館があり、朱塗りの橋を渡って湯に行く眺めは独特。



とあります。連絡船が運航されていたのですね。

昭和55年に発売されたガイドブックには、「ハワイ温泉」 と紹介されています。

今度、来たとき泊まりたい宿↓





それでは東郷湖をぶらぶらしてみたいと思います。

あ、そういえば最近になってソフトバンクのCMに「はわい温泉」出てるんでしたね。







ちゃんちゃん
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/18 21:57 ] 温泉 鳥取県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://onsenspaspa.blog123.fc2.com/tb.php/202-7b18b365





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。