スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東鳴子 赤這温泉 安部旅館 赤這温泉2号3号

2011年5月2日~3日の記録
東鳴子 赤這温泉 安部旅館~焼肉八兆アゲインのつづき。。。

さてでは風呂に入る

手前

赤這温泉3号
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 低張性中性高温泉
源泉温度71.8℃ 使用位置46.6℃
湧出地:大崎市鳴子温泉字赤這106-9
黒色で殆ど濁りなく、微かに甘味を有し、強い硫化水素臭を発し中性である。














赤這温泉2号・3号混合泉
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 低張性中性高温泉
源泉温度47.2℃ 使用位置44.1℃
湧出地:大崎市鳴子温泉字赤這125-1・106-9

=赤這温泉2号
単純温泉 低張性弱酸性高温泉
源泉温度:44.2℃
無色透明、無臭で鉄分味を有し弱酸性である。















うーーーー、タマらん!!
湯上り酒飲んで寝る!!



明けて朝風呂









たまらんたまらん!!

猫がたくさんいました。。。

宿泊料は暖房費500円込みで3500円なり

では仙台にむかうのだ











車中でまつばら源泉をのむ





古川から11時過ぎのやまびこに乗り仙台へ。

用事が済み16時ごろに在来線で仙台から福島へ



在来線で郡山まで行って新幹線~大宮でまた在来線に乗り換えて新宿へ(←セコイパターン)

というわけで、久しぶりの宮城県温泉旅行は終了とな津たのでありました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/08/13 00:30 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://onsenspaspa.blog123.fc2.com/tb.php/153-2a3b7196





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。