スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和歌山市鳴神 花山温泉 その2 〔ぬる湯・冷泉〕

2010年9月4日の記録。。。和歌山市鳴神 花山温泉 その1 〔ぬる湯・冷泉〕のつづき。。。

さてこの和歌山県和歌山市鳴神にある「花山温泉」に来るとどうしても長居してしまいます。

約38度のぬる湯、約41.5度の沸かし湯、そして26度の源泉、さらに約40度の露天風呂までありますから。

だいたいが暑い時期に来ることが多いので源泉メインになりますが、キモチイイのですよ。

花山浴槽源泉1

源泉名:花山温泉
含二酸化炭素・鉄-カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
(高張性-中性-低温泉)
25.5℃
124L/min
無色澄明にて無臭、強収僉攵味を有する
ph6.4



「強収僉攵味」ってなんて読めばよいのですか?

とりあえず鉄臭が割ときついのですが・・・
源泉が上段から注がれてますが、じつは左下、管がある部分からも注がれています。

花山浴槽源泉2

ちょっと泡のように見える部分ですね。

花山浴槽源泉3

花山浴槽源泉4

花山わかれめ

メインは冷たい源泉浴槽で過ごしますが、ちょくちょく加温の浴槽に移ったり、

花山露天1

花山露天2

露天でぼわ~~~んと。。。

花山露天3

結局4時間ほど滞在したのであり間する。

はなやま

はなやま2

いや~気もちよかったっす!

飲泉 花山

飲泉もできるんですけど、良薬口に苦しといいますか・・・ウゲーって感じです。もはや薬ですな。

こちらの花山温泉さんは、

昭和43年に開湯して以来自家源泉は501mから自然のガス圧のみで湧出。
 温度約26℃、毎分約124Lの自噴温泉・・・・

その昔、西暦803年(平安時代)にはすでにこの地に温泉があったとのいわれもあり、
歴代天皇が熊野詣の途中に立ち寄ったとも記されています。



だそうです(パンフレットより)

バスで和歌山駅まで戻り。電車待ちの間に

ただや1

駅の近くのいっぱい飲み屋さんで

ただや2

やきとりに鳥もつ-たまひもに、

ただや3

いわしの刺身に焼なすで時間をつぶしたにもかかわらず、
和歌山駅ホームにあるうどんやで・・・

和歌山駅うどん1

和歌山駅うどん2

かけうどん220円を食うてしまったのです・・・あっさり出汁で割りと好きなタイプですた。。。。。

帰ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/05 01:40 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://onsenspaspa.blog123.fc2.com/tb.php/109-318d3eec





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。