スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和歌山県 白浜温泉 民宿かつ家 水晶の湯

2011年8月13日の記録。。。
和歌山県 椿温泉 富貴~椿はなの湯(ぬる湯)のつづき。。。

JR椿駅より






電車で白浜もどる
JR椿から電車で白浜もどる

白浜駅につたので、バスで白浜駅から桟橋まで

桟橋についたら網の湯が!場所変わってリニューアルだったすね
桟橋についたら網の湯が!場所変わってリニューアルだったすね

夕方なんではやばやと、夕飯をくううぅ!




↑夕飯を食う、てたら、20時ぐらいになってもた!

歩いて白良浜方面へ。白良浜からほど近い「民宿 かつ家」さんが今日のお宿(素泊まり:3500円)

これがまた!お風呂が小ぶりで源泉で熱いのでチョロチョロですが、お湯のチカラはかなり!いい!

施設名:かつ家
温泉供給会社:白浜温泉土地株式会社
源泉名:水晶湯
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(中性等張性高温泉)
湧出地:白浜町1548の1
無色澄明にて、微弱硫化水素臭、弱塩味を有する。
ph:7.0
泉温:56.0℃ ※入浴温度43℃
湧出量:158L/min



これまた味が良いねー! 塩スープ! 塩だけじゃないダシの味も! 





もちろん蛇口なんで源泉は出そうと思えば自由に出せます!



でも熱いです・・・




この宿の近所の「クアハウス白浜」も「水晶湯」を使用しているそうです。

んで、


湯冷ましに白良浜で花火見て、、、



酒飲んで、



寝る(by 紀伊国屋文左衛門)




ちなみに「かつ家」さんはこんな感じ↓の民宿

かつ家1

かつ家2


スポンサーサイト
[ 2011/08/21 23:01 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

和歌山県 椿温泉 富貴~椿はなの湯(ぬる湯)

2011年8月13日の記録。。。
和歌山県 南紀旅行3日間~白浜・串本・勝浦のつづき。。。

さて白浜駅に到着。ひるの一番あっつい時間帯・・・。

なんだかんだで白浜駅到着 ごっつ・あつい
なんだかんだで白浜駅到着 ごっつあつい


もー、暑い!のでまずは「ぬる湯」につかりに行こう!
と、いうわけで、白浜駅からバスに乗りお隣の「椿温泉」まで!



バスは熊野街道を走りますが、海辺がキラキラして美しい!のでありました。





椿温泉がバスの最終停車所



逆行でまぶしいのでありますが。まさに今海水浴シーズン!!(ここの海水浴場は超オススメ!!)



というわけで写真だけ見てると涼しいのですが、実際は、、、あっつい!!!
ので、ぬる湯につかりましょう!と富貴のほうへ。



ん、なにやら張り紙が・・・



ガーン!

建物耐震検査工事の為、平成23年5月8日(日)よりしばらくの間休館にさせていただきます






ガーン!






南国やの~
南国やの~




いや~、南国やの~~~。








はい! では富貴はあきらめまして、別のぬる湯を探さなくては!
というわけで、最近出来たらしい「道の駅 椿温泉 椿はなの湯」をチェック!!




前回「椿温泉」に来たのが5年ぐらい前なのでこんな施設知りませんでした。隣接する足湯もなかったですから。。



入浴料は500円です。
国道沿いだからか人気のようです。
さてお風呂は、↓こんな感じ。




暖かいほうはかなりヌルスベでいい感じ、あれですよ、奥さん!いわゆる「美人の湯」てやつですよ!

そして、槇(まき)の香り芳しい一人風呂が源泉の「ぬる湯」

「おお!これはNICE・・・」

独り占めしたい!系です。

いやいや汗だくだくだったんで、かなりいい「ぬる湯」タイムに授かりました!

そして・・・そして。。。
どういうわけだかわかりませんが

置いてあるシャンプーは↓



もちろん、リンス(コンディショナー)も・・・



<・・・・PRタイム終了・・・・>


椿はなの湯

源泉名:蓬莱湯
湧出地:和歌山県西牟婁郡白浜町椿1062-1
泉温:31.4℃
泉質:単純硫黄泉
pH9.9





レストランもあって快適に過ごせそうです。傍では地元の物産販売も




いやいや、とりあえず「ぬる湯」ゲットできたのでありました!

めでたしめでたし。
[ 2011/08/21 20:33 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

和歌山県 南紀旅行3日間~白浜・串本・勝浦

2011年8月13日の記録。。。


というわけで、宿は確保したので、いざ!まずはJR和歌山駅まで!


駅近くで昼飯!

めし食ってたら特急逃してしまった…しょーがないので、各停で御坊まで行こう 950円 約一時間
めし食ってたら特急逃してしまった…しょーがないので、各停で御坊まで行こう  950円 約一時間

↑んなわけで↓

ゴボー到着ごぼっ・ごぼ・ごぼ・ごぼ
ゴボー到着ごぼっごぼごぼごぼ

そして御坊で特急乗車券購入

御坊から白浜までは特急に乗る 自由席空いててね、スーパーくろしお 1890円
御坊から白浜までは特急に乗る 自由席空いててね、スーパーくろしお 1890円


おそるべし!お盆!白浜まで立ちっぱなしですね。。。。

と、立ちっぱなしていると・・・電車は切目のあたりを通り過ぎています、、、



岩代の手前から車窓には綺麗な海が・・・















いったん山の中に入った熊野古道が再び海岸線に出てしばらくした辺りですね。







立ちでもいい感じです。

さて車窓を眺めていると紀伊田辺も過ぎもうすぐ白浜駅です。

[ 2011/08/21 19:39 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

週末は南紀方面へ 白浜~串本~紀伊勝浦

8月13日からの予定

今週末は約一年ぶりに南紀方面に行ってみるのだ!
と、思って宿を予約しようとしたらほとんど満杯!!無理!

予約無理だったリスト↓

若竹(那智勝浦)
小坂屋(那智勝浦)
岩波(那智勝浦)
一の滝(那智勝浦)
くすもと(那智勝浦)
えびすや(湯川温泉)
柳屋(湯川温泉)
南紀荘(湯川温泉)
もみじや(湯川温泉)
なぎさや(湯川温泉)
バルスイン(那智勝浦)
などなど



お盆をなめちゃいかんぜよ!!

というわけで、対応策

・土曜日〔白浜泊〕 ※3500円で民宿あいてました!
 白浜~椿をブラつこう

・日曜日〔串本泊〕 ※ビジネスホテル串本駅前店あいてた!
 串本~紀伊勝浦は電車で30分ぐらいなんで勝浦行く
 
・月曜日
 勝浦行く ~そして帰る



といあえずなんとかなりそうだ。

費用(もちろんセコイパターン)と所要時間(セコイのである程度時間かかる)は、だいたい↓


大阪→和歌山 約1時間30分
和歌山→白浜 約1時間30分
〔大阪→白浜 移動時間約3時間〕

大阪⇒和歌山970 ※ディスカウントショップで往復購入済
和歌山⇒白浜 特急 ※だいたい4000円


白浜→紀伊勝浦 約1時間20分 ※まずは勝浦まで行く ※だいたい3000円ぐらい

紀伊勝浦→串本 約30分※オーシャンアロー 約40分※スーパーくろしお・普通はほとんど同じ
           ※2000円ぐらい or 500円ぐらい
宿泊費 ・白浜 3500円 ・串本 6500円



基本費用は2万円ぐらいですなぁ、、勝浦の宿の予約取れなかった割にはなかなか予算抑えられてますね。
よかったよかった(ってまだ行ってないし・・・)



[ 2011/08/13 01:18 ] 予定 | TB(0) | CM(0)

東鳴子 赤這温泉 安部旅館 赤這温泉2号3号

2011年5月2日~3日の記録
東鳴子 赤這温泉 安部旅館~焼肉八兆アゲインのつづき。。。

さてでは風呂に入る

手前

赤這温泉3号
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 低張性中性高温泉
源泉温度71.8℃ 使用位置46.6℃
湧出地:大崎市鳴子温泉字赤這106-9
黒色で殆ど濁りなく、微かに甘味を有し、強い硫化水素臭を発し中性である。














赤這温泉2号・3号混合泉
含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉 低張性中性高温泉
源泉温度47.2℃ 使用位置44.1℃
湧出地:大崎市鳴子温泉字赤這125-1・106-9

=赤這温泉2号
単純温泉 低張性弱酸性高温泉
源泉温度:44.2℃
無色透明、無臭で鉄分味を有し弱酸性である。















うーーーー、タマらん!!
湯上り酒飲んで寝る!!



明けて朝風呂









たまらんたまらん!!

猫がたくさんいました。。。

宿泊料は暖房費500円込みで3500円なり

では仙台にむかうのだ











車中でまつばら源泉をのむ





古川から11時過ぎのやまびこに乗り仙台へ。

用事が済み16時ごろに在来線で仙台から福島へ



在来線で郡山まで行って新幹線~大宮でまた在来線に乗り換えて新宿へ(←セコイパターン)

というわけで、久しぶりの宮城県温泉旅行は終了とな津たのでありました。
[ 2011/08/13 00:30 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

東鳴子 赤這温泉 安部旅館~焼肉八兆アゲイン

2011年5月2日の記録
東鳴子温泉 馬場温泉から徒歩~田中旅館が営業しなくなったそうです・・・残念のつづき。。。

川をわたって、、



赤這温泉・安部旅館へ



ちょっと一息いれまして、



夕方なのでご飯食べに行きます。
東鳴子に戻り、







昨日に続き焼肉八兆







たまらぬ!



旅館に戻ってフロはいろ!
[ 2011/08/13 00:12 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

東鳴子温泉 馬場温泉から徒歩~田中旅館が営業しなくなったそうです・・・残念

2011年5月2日の記録
東鳴子温泉 馬場温泉のつづき。。。



風がものすごくて雲の動きが速い。。。



では赤這のほうへ歩いていきますが。。。。



途中、田中旅館の前で佇む・・・





昨日、焼肉屋さんで今はもう営業してないことを知りました・・・



私が初めて東鳴子で宿泊し、驚愕・堪能した宿だったのでなんとも切ない気分になりますね・・・・





↓6年前・・・


うーーーーむ。。

東鳴子の駅のほうへ







橋を渡ってあかばいの方に、、、、



今日の宿は「安部旅館」さんです

[ 2011/08/12 01:58 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

東鳴子温泉 馬場温泉

2011年5月2日の記録
東鳴子温泉 中野温泉 宿泊はもうやってないそうですけどめちゃいい温泉宿のつづき。。。



中野温泉から徒歩で馬場温泉へ。。。

想像より綺麗!
リニューアルしてるんですか? ってよくわかりませんけど。。。。



馬場温泉
玉造郡鳴子町大口字中野28-1
ナトリウム-炭酸水素塩泉
低張性中性高温泉
源泉47.1℃
使用位置40.0℃



機嫌よくお湯を堪能してると先客のおじさんから話しかけられ・・・



ほんとに大変な震災だ、と思いながら
お湯に入るのでありました



黒湯はいい





いやいやきもついい!!!!!

風呂上りは、
東鳴子の端からから赤這に向かって歩きます。。。
[ 2011/08/12 01:41 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

東鳴子温泉 中野温泉 宿泊はもうやってないそうですけどめちゃいい温泉宿

2011年5月2日の記録
鳴子温泉 →昼飯→東鳴子温泉へ 〔徒歩で〕のつづき、。。。

鳴子から東鳴子まで徒歩

昔から来たかった中野温泉であります!



中野温泉1号泉
大崎市鳴子温泉字中野14-2
ナトリウム-炭酸水素塩泉 
低張性中性高温泉
53.6℃
使用位置51.3℃



中野温泉2号泉
大崎市鳴子温泉字中野85-5
単純温泉
低張性アルカリ性高温泉
58.4℃
使用位置49.8℃



2源泉あるようですが、よくわかりませんでした・・・





この打たせ湯といい・・・

建物の佇まいといい昭和レトロなのかモダンなのかモボなのかモガなのか・・・

形容なんて.どうでも良いほどに・・・
「好きなタイプ!」



お湯の張ってない浴槽がどっしりとあるあたりもかなりツボ!



お湯もきもついい



そして、

この階段よ!



すばらしい!!!!

やばい!



たまらん!!!



たまたまたまあ、たまらん!!



たまらん!



ちょうど仙台から気仙沼の方にボランティアにいってた家族の方と一緒になって、宿のおばちゃんからお茶をご馳走に。地震で玄関がめちゃくちゃになって直したところだそう。そういえば玄関口に瓦礫が積み上げられてました。

おばちゃんいわく年とって大変なんで宿泊は受け入れられないが被災したひとにお湯の解放はしてるそうです。
ボランティアというかほとんど親戚の方(仙台に住んでるが気仙沼以北に親戚が居るので物資を運んでるそうです)のリアル県境(宮城-岩手)はなしを聴いてホントに大変だ!と思いました。疲れるので輸送の途中で温泉に寄るそうです。

[ 2011/08/12 01:17 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

鳴子温泉 →昼飯→東鳴子温泉へ 〔徒歩で〕 

2011年5月2日の記録
鳴子温泉 国民宿舎ホテルたきしま 瀧嶋薬湯 瀧嶋1号2号混合源泉のつづき。。。

たきしまの濃厚湯を堪能したので、歩きたい。



あ、そしておなかを満たします。



そして東鳴子方面へ・・徒歩で。



東鳴子も端のほうまで徒歩



のどかすぎて和みます。
震災があったなんて少し忘れてしまいそうです。5月ですから・・・
[ 2011/08/12 00:49 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

鳴子温泉 国民宿舎ホテルたきしま 瀧嶋薬湯 瀧嶋1号2号混合源泉

2011年5月2日の記録
鳴子温泉 国民宿舎ホテルたきしま 瀧嶋 瀧嶋3号源泉のつづき。。。

さてさて、瀧嶋3号源泉のお次はメインの地下の「薬湯」へ!ベイベー!

瀧嶋1号2号混合源泉
ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩泉 含重曹ー芒硝泉 低張性中性高温泉
76.1度 使用位置56.5



この濃厚さたるやいつ入っても「HEAVY」かつ「GROOVY]←意味不明。。。。















人がくるまで約1時間半ほど出たり入ったり。湯気の温泉アロマとアチチアチチアチチで強力! 慣れてくると大丈夫ですが、休みながら入らないとヘロヘロになること請け合い。




んーーーースゴイ!!
[ 2011/08/12 00:31 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

鳴子温泉 国民宿舎ホテルたきしま 瀧嶋 瀧嶋3号源泉

2011年5月2日の記録
東鳴子温泉 いさぜん旅館 いさぜんの湯 〔朝風呂〕→鳴子温泉へのつづき。。。

んーひさしぶり!



6年ぶりですね!

まず1階の3号に



瀧嶋3号源泉
ナトリウムー炭酸水素塩泉・硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 含重曹ー芒硝泉
源泉70.7
使用位置57.3



カルシウムイオンが63.3mg
メタケイ酸が242.2mg/kg





こっちもなかなか強力なんですが、本日はぬるめ。の、あっさり系、で。
やはり薬湯を知ってる身としては薬湯メインな意識になってしまいます!






[ 2011/08/12 00:20 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

東鳴子温泉 いさぜん旅館 いさぜんの湯 〔朝風呂〕→鳴子温泉へ

2011年5月2日の記録
東鳴子温泉 いさぜん旅館 いさぜんの湯 1号・2号混合泉 いさぜんの湯3号泉 混浴のつづき。。。



朝に起きては、
「いさぜん旅館 いさぜんの湯 1号・2号混合泉」
を、堪能いたしまして、





チェックアウト
1泊素泊まり 4060円!!なのでありました!!

では鳴子温泉のほうへテクテク歩き





鳴子は歩きでもたのしいのでっすよ!
[ 2011/08/12 00:01 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

東鳴子温泉 いさぜん旅館 いさぜんの湯 1号・2号混合泉 いさぜんの湯3号泉 混浴

2011年5月1日の記録
東鳴子温泉 いさぜん旅館 〔東鳴子地区共同源泉〕東鳴子重曹泉 大豪寺の湯 大浴場のつづき。。。

せっかくなんで目玉のお風呂にも今日のうちに入っておきます!



↑が、

第1浴場
いさぜんの湯1号2号混合泉
大崎市鳴子温泉字赤湯11-2・11-3
ナトリウムー炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉 純重曹泉
42.9度 使用位置42.9度



ぬるい!きもちいい!!







もうひとつの、



いさぜんの湯3号 新井2号・新井5号 混合泉 動力揚湯源泉・唐竹沢源泉
45.1度 大崎市鳴子温泉字赤湯11-4・赤湯地内
ナトリウムー炭酸水素塩泉 低張性中性高温泉 純重曹泉



も交互入浴!!







あー、気もちよっかった!
というわけでカップ酒



飲んで寝る。。。。
[ 2011/08/11 23:34 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

東鳴子温泉 いさぜん旅館 〔東鳴子地区共同源泉〕東鳴子重曹泉 大豪寺の湯 大浴場

2011年5月1日の記録
鳴子温泉 農民の家→東鳴子温泉 焼肉八兆のつづき。。

焼肉たらふく!からの~いさぜん旅館に戻り温泉三昧でありまする。





フィジカルが強い!

のだ!







新井2号動力揚湯源泉 新井5号・唐竹沢源泉 混合泉
ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉 低張性弱アルカリ性高温泉 純重曹泉
大崎市鳴子温泉字赤湯地内
71.5 使用位置51.0



この源泉は東鳴子の地元専用浴場の湯と同じようですね。
さわやか重曹系(熱いけど)がナイスです!!
[ 2011/08/11 22:26 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

鳴子温泉 農民の家→東鳴子温泉 焼肉八兆

2011年5月1日の記録
鳴子温泉 農民の家 炭酸泉(4号)&上り湯(3号) 混浴のつづき。。。



いや~~気もちよかったぁ・・・









というわけで東鳴子へと徒歩でリターン。



ひがしなるこ



晩飯に肉を焼いて、、



いさぜん旅館に戻るのでありました。あーシアワセ!!
[ 2011/08/11 21:57 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

鳴子温泉 農民の家 炭酸泉(4号)&上り湯(3号) 混浴

2011年5月1日の記録
鳴子温泉 農民の家 大浴場 農民の家3号泉のつづき。。。。

さてではではさてラスト!

「炭酸泉」!!!すなわち「農民の家4号泉」へ!
混浴です

農民の家4号
浴室・浴槽名称:炭酸泉
湧出地:宮城県大崎市鳴子温泉字河原湯6-5
単純温泉 低張性中性低温泉
源泉27.8℃ 使用位置27.5℃



使用位置27.5度の「ひゃ~~~~い」冷泉でござる!!

あーあーあーきもちいーーいす!



タマりませんね!意外な冷泉 ヌル湯deナガ湯!!!

上がり湯と交互に入浴するのでありました!



農民の家3号
浴室・浴槽名称:上り湯(炭酸泉)
湧出地:宮城県大崎市鳴子温泉字河原湯32-1
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)(含S-Na・Ca-SO4-HCO2泉)低張性中性高温泉
(旧泉名 含芒硝ー重炭酸土塁-硫黄泉)
源泉86.1℃ 使用位置48.6℃



交互入浴最高!!
[ 2011/08/11 21:38 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

鳴子温泉 農民の家 大浴場 農民の家3号泉

2011年5月1日の記録
鳴子温泉 農民の家 硫黄泉 農民の家1号泉 混浴のつづき。。。

ではでは、大浴場へ!3号だそうです。







農民の家3号
浴室・浴槽名称:大浴場
湧出地:宮城県大崎市鳴子温泉字河原湯32-1
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)(含S-Na・Ca-SO4-HCO2泉)低張性中性高温泉
(旧泉名 含芒硝ー重炭酸土塁-硫黄泉)
源泉86.1℃ 使用位置48.1℃









人が居なかったので十二分にくつろげたのでありました!



硫黄バンザイ!!
[ 2011/08/11 21:18 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)

鳴子温泉 農民の家 硫黄泉 農民の家1号泉 混浴

2011年5月1日の記録
鳴子温泉 農民の家 やすらぎの湯(男子)のつづき。

さて、農民の家2号泉から入ってしまいましたので、1号へ。
こちら入り口は男女別ですが、浴槽は混浴というパターン。

農民の家
浴室・浴槽名称:硫黄泉
源泉名:農民の家1号
湧出地:宮城県大崎市鳴子温泉字河原湯6-6
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)(含S-Na・Ca・SO4・HCO2泉(H2S型)低張性中性高温泉
(旧泉名 含土塁ー芒硝硫化水素泉)
源泉70.8℃ 使用位置53.3℃



こちらも硫黄パンチング!







なかなかな硫黄攻撃、気持ちよかったっす!
[ 2011/08/11 21:07 ] 温泉 宮城県 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。