スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

那智勝浦町 勝浦温泉 はまゆ 入浴料320円 海辺なのに塩味のしない硫黄泉

2010年9月19日の記録。。。那智勝浦町 脇の谷 紋寿温泉 椎ノ浦 紋寿ノ湯(足湯) ~脇の谷温泉(〔ぬる湯〕休業中)のつづき。。。



脇の谷温泉が休業中でしたので、近くの「はまゆ」へ。

わきなかはまゆ1

わきなかはまゆ2

ここは6年ぶりぐらい。久しぶりです。

はまゆ1

はまゆ2

はまゆ3

はまゆ4

ここは海の近くなのに塩味が全然しない不思議な温泉です。しかしちゃんと硫黄臭はあるのです。
しばらく浸かっていると海辺の温泉特有の「ネトっ」感が感じられてきます。
不思議です。。。

そうなると、湯川温泉は海の近くなのに塩味もなくあんなつるすべっとした浴感はもっと不思議ですね(硫黄臭ありで)。

勝浦温泉 はまゆ
湧出地:那智勝浦町大字勝浦970番地
含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物泉
(旧名:硫化水素泉)
弱アルカリ性低張性高温泉
無色澄明にて、弱硫化水素臭、微弱鉱味を有する
ph:8.4
46.3℃
106L/min



久しぶりに来ましたが、出たり入ったりゆっくりと楽しめました。これで320円ですから!

すばらしい。

はまゆ5


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
スポンサーサイト
[ 2010/09/28 18:43 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 脇の谷 紋寿温泉 椎ノ浦 紋寿ノ湯(足湯) ~脇の谷温泉(〔ぬる湯〕休業中)

2010年9月19日の記録。。。那智勝浦町 川関井谷の垂れ流し 〔ぬる湯〕 那智詣帰りに散歩のつづき。。。

わりと歩きましたし暑いので、ぬる湯で癒されようかと、脇の谷温泉へ。

脇の谷1



脇の谷2

「都合により当分の間お休みします」

とのこと! ありやまあ!

・・・2007年1月14日は↓こんな感じだったですけどねぇ・・・

2007脇の谷



残念ですがしかたありません。
しかしこの地区には新しく足湯が出来てるそうです。

紋寿温泉1

江南橋たもとにありマス

紋寿温泉2

紋寿温泉3

正式名称は「椎ノ浦紋寿ノ湯」というそうです。

紋寿温泉4


紋寿温泉
那智勝浦町大字勝浦554番地3
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
49.3℃
23L/min
ほとんど無色澄明、僅かに塩味と弱い硫化水素臭を有する
ph 8.4



脇仲地区の地元住民が立ち上げた「よみがえれ脇仲倶楽部」が作った手作り感満点の足湯。江南橋たもとにあり、湯は近くの内田商店に湧く紋寿の湯を引く。



だそうです。
この日は稼動してなかったのですが、49.3℃だとなかなかいいかんじなんでしょう。また次の機会に。ぜひ。

わきなか

わきなか2

よみがえれ!脇仲倶楽部

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/27 22:52 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 川関井谷の垂れ流し 〔ぬる湯〕 那智詣帰りに散歩

2010年9月19日の記録。。。那智勝浦町 井関の垂れ流し 〔ぬる湯〕 那智詣帰りに散歩のつづき。。。

さらにてくてく歩きますると、那智天然温泉の手前、場所を確認すると、那智勝浦町川関井谷
、というところだそうです。

川関井谷1

川関井谷2

川関井谷3

川関井谷4



すぐちかくに那智天然温泉があります。

那智てんねん1

電話番号は「ムシブロ」


今日みたいな暑い日は「温泉プール」に入りたいのですが!

、、、水着がないのであきらめます。。。。

那智てんねん2

那智てんねん3

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

[ 2010/09/26 21:26 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 井関の垂れ流し 〔ぬる湯〕 那智詣帰りに散歩

2010年9月19日の記録。。。那智勝浦町 滝乃湯 那智詣の前にバス待ちで足湯をのつづき。。。



無事、那智参詣です。3年ぶりです。



那智の滝にもひさしぶりに。



下山は徒歩にて、途中から熊野古道・・・



大門坂を過ぎてもしつこくあるいてみました。 



で、市野々の先は井関、なんで、垂れ流しを一応チェックしときます。

井関1

井関2

井関3

相変わらずいい感じですね。

井関4

井関5

井関6



にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

[ 2010/09/26 19:42 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 滝乃湯 那智詣の前にバス待ちで足湯を

2010年9月19日の記録。。。那智勝浦町 湯川温泉 柳の湯 温泉旅館柳屋 その2 朝風呂からのつづき。。。

さて湯川からJRで一駅、紀伊勝浦の駅に着きましたが、那智山行きのばすまで1時間ぐらいあるので、足湯で時間をつぶします。

滝乃湯1

滝乃湯2

滝乃湯3

滝乃湯4

2箇所から出てくる温泉はぬるいのですが、
湯の花あります。

滝乃湯5

駅前に足湯あるとなにかと便利です!

望海湯
湧出地:那智勝浦町大字築地5丁目1181-64
無色澄明にて、微弱硫化水素臭、微弱塩味を有する
ph8.0
40.3℃
131L/min
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
含塩化土類-食塩泉
弱アルカリ性低張性温泉




源泉名が「望海湯」で、実際の名前が「滝乃湯」とは?これいかに?
4年前ぐらいに出来た足湯だと思うのですが、今も不思議・・・・。

ではバスに乗って那智山へ(片道600円)。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/26 15:22 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 湯川温泉 柳の湯 温泉旅館柳屋 その2 朝風呂から

2010年9月19日の記録。。。那智勝浦町 湯川温泉 柳の湯 温泉旅館柳屋 2泊 その1のつづき。。。

さて、朝起きました朝風呂ですわいな。

柳屋 朝風呂1

柳屋 朝風呂2

柳屋 朝風呂3

柳屋 朝風呂4

無色透明で硫黄臭があり、泡付きありの40度!

たまらんですのです!

湯川温泉の宿は限られてるので、多分、他の宿でもこれに近い状態であるのではないか、と想像すると。。。。
きもちいい!

柳の湯
那智勝浦町湯川989番地
アルカリ性単純温泉(単純温泉)アルカリ性低張性温泉
無色澄明にて、微弱硫化水素臭、無味である
ph:9.4
40.0℃
191L/min




と、気持ちいい状態で朝風呂を堪能しましたので、外出します。



ゆかし潟をぶらぶらしながら、無人駅の湯川駅へ。



こちら今この夏は海水浴場ですが、冬は海霧が発生して、すごく幻想的なのです!

というわけで、勝浦に戻り、那智山へ、久しぶりに行って見たいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

[ 2010/09/25 22:25 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 湯川温泉 柳の湯 温泉旅館柳屋 2泊 その1

2010年9月18日の記録。。。那智勝浦町 南紀勝浦温泉 遊歩道の足湯「空海の湯」ホテル中の島 中の島温泉 その6のつづき。。。

ホテル中の島を後に、スーパーオークワで買い物をして、勝浦商店街近くの「鳥羽山」でちょいと一服↓



生中&生小と焼貝セットで合計1880円

そして本日と明日の宿、ちょっとはなれた湯川温泉の柳屋さんへ徒歩で。

湯川温泉は一度泊まってみたかったんですよねェ。

スキなんです。

湯川温泉柳屋1

湯川温泉柳屋2

さてチェックイン? して、ゆっくりしたらまずはお風呂に。

湯川柳屋1

湯川柳屋2

湯川柳屋3

湯川柳屋4

湯川柳屋5

湯川柳屋6


いやいや、きもちいいい、適温!!

柳の湯
那智勝浦町湯川989番地
アルカリ性単純温泉(単純温泉)アルカリ性低張性温泉
無色澄明にて、微弱硫化水素臭、無味である
ph:9.4
40.0℃
191L/min



40度で191L/minですけど、湯船が小ぶりなので、ちょうどいい感じ!
しかも、硫黄臭と湯川独特のアルカリミネラル系が、もう大好きですね。
泡つきもあります。

湯上りには、スーパーで買ったキハダマグロをつまみながら、ひとまず↓こんなかんじですが、



わりと何度も風呂に入って気持ちよかったのだ!!


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/25 19:48 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 南紀勝浦温泉 遊歩道の足湯「空海の湯」ホテル中の島 中の島温泉 その6

2010年9月18日の記録。。那智勝浦町 南紀勝浦温泉 遊歩道を散歩すると ホテル中の島 中の島温泉 その5のつづき。。。

さて、遊歩道を登っていくと、
紀の松島が見えるあたりで、

遊歩道風景1

足湯が現れます。

中の島足湯1

中の島足湯2

中の島足湯3

この足湯前回行った3年ぐらい前に設置されてんですが、健在です!

いやぁ、足湯にしとくのはもったいないぐらいですね。不謹慎ながら浸かってみたいぐらいです。



勢いがいい足湯です!
ザッパンザッパンと湯が!

遊歩道風景2

遊歩道風景3

いやぁいやぁ、景色もいいし、気持ちが良いのであります!

遊歩道風景4

気持ちが良いのであります。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/25 16:55 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 南紀勝浦温泉 遊歩道を散歩すると ホテル中の島 中の島温泉 その5

2010年9月18日の記録。。。那智勝浦町 南紀勝浦温泉 洞窟?風呂 ホテル中の島 中の島温泉 その4のつづき。。。

ちょうもんのゆ1

ちょうもん2

さてさて、入浴後は

中の島ロビー

このホテルのある小島を利用した遊歩道を散歩できます。

中の島遊歩道1

中の島遊歩道2

中の島遊歩道3

眺めの良い景色が気になるところですが、遊歩道を歩いていきますと、

中の島遊歩道4

中の島遊歩道5

足湯 「空海の湯」がございます。

足湯空見の湯1


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/25 12:40 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(2)

那智勝浦町 南紀勝浦温泉 洞窟?風呂 ホテル中の島 中の島温泉 その4

2010年9月18日の記録。。。那智勝浦町 南紀勝浦温泉 海辺の絶景露天風呂 ホテル中の島 中の島温泉 その3のつづき。。

さて、この、こちら、紀州潮聞之湯(きしゅうちょうもんのゆ)には露天から奥まったところに洞窟風な部分もありまして、

ホテル中の島洞窟1

ホテル中の島洞窟2

ホテル中の島洞窟3

綺麗ですねー。
この奥まって見えないあたりに湯の注ぎ口がありました。

ホテル中の島洞窟4

ホテル中の島洞窟5

ホテル中の島洞窟6

ホテル中の島洞窟7

ホテル中の島洞窟8

ホテル中の島洞窟11


ホテル中の島洞窟9

ホテル中の島洞窟10

ホテル中の島洞窟12

ホテル中の島洞窟13

ホテル中の島洞窟14

硫黄の香りと塩味の海の温泉なのであります。。。


中の島温泉 4,5,6,7号の混合泉
湧出地:那智勝浦町大字勝浦1179番地
含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物泉
旧泉質名:含塩化土類ー食塩硫黄泉
弱アルカリ性低張性高温泉
無色澄明にて、微弱硫化水素臭、弱食味を有する
ph:7.6
51.0℃
402L/min




にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/25 00:46 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 南紀勝浦温泉 海辺の絶景露天風呂 ホテル中の島 中の島温泉 その3

2010年9月18日の記録。。。那智勝浦町 南紀勝浦温泉 海辺の絶景露天風呂 ホテル中の島 中の島温泉 その2のつづき。。。

さてでは露天風呂です。
こちら、紀州潮聞之湯(きしゅうちょうもんのゆ)と名づけられております。
はじめてきた時からとてもとてもお気に入りの露天風呂です。


ホテル中の島露天7

露天メインこの広めのところで、わりと熱いめ、

ホテル中の島露天8

そこから下の海際に行くとかなりぬるめ。

ホテル中の島露天9

↓ここが境目

ホテル中の島露天10

ホテル中の島露天11


中の島温泉 4,5,6,7号の混合泉
湧出地:那智勝浦町大字勝浦1179番地
含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物泉
旧泉質名:含塩化土類ー食塩硫黄泉
弱アルカリ性低張性高温泉
無色澄明にて、微弱硫化水素臭、弱食味を有する
ph:7.6
51.0℃
402L/min



しつこいのですが気持ちが『良い』のです!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/23 20:09 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 南紀勝浦温泉 海辺の絶景露天風呂 ホテル中の島 中の島温泉 その2

2010年9月18日の記録。。。那智勝浦町 南紀勝浦温泉 ホテル中の島 中の島温泉 その1のつづき。。。

さて、専用のつうろから露天に出ると、そこは太平洋から続く勝浦の入江。(の午後2時くらい)


まづは絶景!が目に飛び込んできます!

ホテル中の島露天1

ホテル中の島露天2

ホテル中の島露天3

ホテル中の島露天4

ホテル中の島露天5

ホテル中の島露天6

天気が良い日はホントに気持ちがいいのです。



岸から動き出す舟を眺めながら。。。ボーっと。。。

これが硫黄の温泉につかりながらなので、こりゃまた堪りませんね!!

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/23 18:45 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

那智勝浦町 南紀勝浦温泉 ホテル中の島 中の島温泉 その1

2010年9月18日の記録。。。連休なんで和歌山最南端を越えて東へ! 那智勝浦町へ まずは飯食ってホテル中の島へのつづき。。。

さてさて、南紀勝浦温泉「ホテル中の島」には2004年に宿泊して以来は立ち寄りばかりですが、2007年の一月以来なんで、3年ぶりです。

ホテル中の島 渡船1

ホテル中の島 渡船2

渡船で渡るところから何か楽しいのですが、近所にある「ホテル浦島」が温泉のアミューズメントパークだとしたら、こちら「ホテル中の島」はちょっとゆったりとゴージャスな気分になれる所だと思います。

立ち寄り湯のお客は大浴場から入場します。
ドアを開けると漂う硫黄臭。。。

ホテル中の島 内湯3

ホテル中の島 内湯1

ホテル中の島 内湯2

んー、いいですよ。

中の島温泉 4,5,6,7号の混合泉
湧出地:那智勝浦町大字勝浦1179番地
含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物泉
旧泉質名:含塩化土類ー食塩硫黄泉
弱アルカリ性低張性高温泉
無色澄明にて、微弱硫化水素臭、弱食味を有する
ph:7.6
51.0℃
402L/min



さてそれでは、大浴場から専用の通路で、素晴らしい露天風呂に向かってみます。

↓こんな感じ。。で、景色がよいのだ!



にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/23 16:37 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

連休なんで和歌山最南端を越えて東へ! 那智勝浦町へ まずは飯食ってホテル中の島へ

2010年9月18日の記録。。。

久しぶりにフリーな連休なので、久しぶりに紀伊半島南部、日本最南端を越えた東の那智勝浦、紀伊勝浦に行ってみよう、と思い立ち、朝8時からの移動を試みて移動するのでありました。







↓丁度、古座を過ぎあたりでしょうか、、、



車窓からの風景がとても心地よいのです。。。



まったく、南国の風景です。もうすぐ紀伊勝浦。。



↓これ、車窓からの風景です。一瞬ですが、このような風景が続くだけでも乗車券以上のお値打ちモンだと思うのです。



やっと到着しました、12時50分ごろ・・・
とりあえず昼飯食います。



まぐろの腹身がう~~~んまい!
食事をすますと、丁度14時前なんで、ホテル中の島さんの立ち寄り湯が可能な時間なんで、渡し舟で渡り入浴してみることにしました。

吉野熊野国立公園 / 南紀勝浦温泉 ホテル中の島

入浴料1,000円でタオル付き、渡し舟で勝浦港を疾走したあげく硫黄の温泉、しかも海に面した、に浸かれるのです! コストパフォーマンス&エンタテイメント的にも良い感じたと思うんですけど。

↓こんな感じでフェリーにて移動(フェリー代は入浴料に含まれているらしい)

中の島地図



[ 2010/09/22 00:31 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

明石市貴崎 恵美須湯 天然療養温泉 湧昇の湯 〔ぬる湯・冷泉〕

2010年9月11日の記録。。。

 落ち着いたとはいえ、まだまだ暑いです。とはいえ少し前まで関西は「熱」かったのが「暑」いに変化しただけという意見もございますが。。。。

 というわけで、またまた冷泉に浸かるのだ!

とはいえ、腹も減ってるので、ひとまず西明石駅前で明石焼=玉子焼を食います。





腹も満腹

というわけで、貴崎の恵美須湯へ。
8年ぶりぐらいに来ました!
川崎重工業の明石工場のすぐ近くの住宅街にある温泉銭湯です。

えびす湯外観

こちらはわりと前から有名ですが、銭湯で冷鉱泉と沸かし湯が楽しめるなんとも夏向けなところなんでありまするのよ。

15時から営業開始なんでジャストですが、もう何名か先客がいらっしゃいます。
手前は普通の銭湯なんで奥のほうの(半)露天の温泉へ。

沸かし湯は沸かされて濃オレンジ系の茶色

えびす湯沸かし1

えびす湯沸かし2

えびす湯沸かし3

微妙にぬるめと熱めな場所がありますが基本的にはぬるめです。

さてさて男湯ではこの沸かし湯の右側に

えびす湯沸かし4

源泉の冷泉が

えびす湯源泉1

どどん!

えびす湯源泉2

どばぁん!と

いわゆる「源泉掛け流し」とかいうやつですね。
泉温27.8℃とのことですが、冷たーい!

いわゆる本日の暑さにジャストフィット!
あーーーー、冷たい!気持ちイイ!

キモチイイ!

この冷泉と沸かし湯に交互に入るとマッタク快感マックス! TORATORATORA です!


源泉名:湧昇の湯
湧出地:兵庫県明石市貴崎4-174-14
含鉄ーカルシウム・ナトリウムー塩化物温泉
(高張性・中性・低温泉)
泉温:27.8℃
湧出量:170L/min
無色澄明 味僅微鉱物油臭、ガス発泡ガス湧出有
ph:6.0



源泉浴槽では非常に複雑な匂いが漂いますが、メインは鉄臭

えびす湯源泉3

えびす湯源泉4

えびす湯源泉5

えびす湯源泉6

えびす湯源泉7

えびす湯源泉8

えびす湯源泉9

いやー交互に入浴すると血行が良くなりますね!(温泉でなくともそうなんるんですが・・・まぁええやん)

結局2時間おりました!

神姫バスで明石に戻り



↑とか、↓またまた玉子焼ゼメ







もーーー満腹にて帰宅也。


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/11 21:48 ] 温泉 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

和歌山市鳴神 花山温泉 その2 〔ぬる湯・冷泉〕

2010年9月4日の記録。。。和歌山市鳴神 花山温泉 その1 〔ぬる湯・冷泉〕のつづき。。。

さてこの和歌山県和歌山市鳴神にある「花山温泉」に来るとどうしても長居してしまいます。

約38度のぬる湯、約41.5度の沸かし湯、そして26度の源泉、さらに約40度の露天風呂までありますから。

だいたいが暑い時期に来ることが多いので源泉メインになりますが、キモチイイのですよ。

花山浴槽源泉1

源泉名:花山温泉
含二酸化炭素・鉄-カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
(高張性-中性-低温泉)
25.5℃
124L/min
無色澄明にて無臭、強収僉攵味を有する
ph6.4



「強収僉攵味」ってなんて読めばよいのですか?

とりあえず鉄臭が割ときついのですが・・・
源泉が上段から注がれてますが、じつは左下、管がある部分からも注がれています。

花山浴槽源泉2

ちょっと泡のように見える部分ですね。

花山浴槽源泉3

花山浴槽源泉4

花山わかれめ

メインは冷たい源泉浴槽で過ごしますが、ちょくちょく加温の浴槽に移ったり、

花山露天1

花山露天2

露天でぼわ~~~んと。。。

花山露天3

結局4時間ほど滞在したのであり間する。

はなやま

はなやま2

いや~気もちよかったっす!

飲泉 花山

飲泉もできるんですけど、良薬口に苦しといいますか・・・ウゲーって感じです。もはや薬ですな。

こちらの花山温泉さんは、

昭和43年に開湯して以来自家源泉は501mから自然のガス圧のみで湧出。
 温度約26℃、毎分約124Lの自噴温泉・・・・

その昔、西暦803年(平安時代)にはすでにこの地に温泉があったとのいわれもあり、
歴代天皇が熊野詣の途中に立ち寄ったとも記されています。



だそうです(パンフレットより)

バスで和歌山駅まで戻り。電車待ちの間に

ただや1

駅の近くのいっぱい飲み屋さんで

ただや2

やきとりに鳥もつ-たまひもに、

ただや3

いわしの刺身に焼なすで時間をつぶしたにもかかわらず、
和歌山駅ホームにあるうどんやで・・・

和歌山駅うどん1

和歌山駅うどん2

かけうどん220円を食うてしまったのです・・・あっさり出汁で割りと好きなタイプですた。。。。。

帰ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


[ 2010/09/05 01:40 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)

和歌山市鳴神 花山温泉 その1 〔ぬる湯・冷泉〕

2010年9月4日の記録。。。

本日は約2週間ぶりに和歌山にやってきましたが、今回はJR紀州路快速で大阪から1220円。

しばし駅前をぶらぶら・・・JR和歌山駅前をぶらぶら~銀平で食事 して。満足しました。

さてさて9月に入りましたがクソ暑い!あついあつい!ので、こういう時は花山温泉です。というわけでバスで秋月停留所まで(210円)。

 前回の訪問は2007年8月8日(水)ですので、はやいもので3年ぶりの来訪です。

花山温泉1

花山温泉2

ぬる湯は約38度

花山浴槽1

花山浴槽2

花山浴槽3

相変わらず浴槽は凄いことになってます。

花山浴槽4

花山浴槽5

花山浴槽6

花山浴槽7

花山析出

↑この約41.5度と26度の源泉に交互に入るのですが、こう暑いとどうしても源泉入り率があがるのであります。

・・・つづく・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
[ 2010/09/04 23:47 ] 温泉 和歌山県 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。